びわ湖で3人死亡 大学生2人と会社員 水難事故

びわ湖で3人死亡 大学生2人と会社員 水難事故
滋賀県のびわ湖では水の事故が相次ぎ、飛び込んで遊んでいた男子大学生2人と、遊泳中だった25歳の会社員の男性の合わせて3人が死亡しました。
12日午後2時前、滋賀県高島市マキノ町のびわ湖の漁港で、男子大学生2人の姿が見えなくなったと警察に通報がありました。

警察と消防が捜索したところ、京都市の私立大学に通う大阪 守口市の吉満敏矢さん(19)と大阪 河内長野市の長田悠佑さん(22)が、深さおよそ3メートルの湖底近くで沈んでいるのが見つかり、病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

警察によりますと、2人は同じ大学のバスケットボールサークルに所属し、ほかのメンバー8人と練習試合で滋賀県を訪れていて、湖に飛び込んで遊んでいたということです。

また午後6時半ごろには、大津市和邇南浜のびわ湖の水泳場で友人と遊びに来ていた福岡県那珂川市の会社員西克幸さん(25)が遊泳中に溺れ、病院に運ばれましたがまもなく死亡しました。

警察は当時の詳しい状況を調べています。