釣りの男性2人 遺体で発見 長崎沖

釣りの男性2人 遺体で発見 長崎沖
長崎市内の岸壁で釣りをしていて、11日から行方不明になっていた男性2人が、12日午前、長崎市沖の海上で遺体で見つかりました。警察は、海に落ちた経緯など詳しい状況を調べています。
遺体で発見されたのは、長崎市南山手町の無職、山口和幸さん(67)と、弟で長崎市中小島の無職、山口秀美さん(60)です。

11日午後4時40分ごろ、長崎市黒浜町の住民から、「近くの岸壁に釣りざおとバッグがあるが、複数いたはずの人の姿がない」と警察に通報があり、警察や海上保安部が捜索していました。

そして、12日午前、長崎市沖の海上で2人が相次いで見つかりましたが、死亡が確認されました。警察によりますと、2人は洋服を着たままの状態で、目立った傷は無かったということです。

海上保安部によりますと、11日の海上は波がおよそ1メートル、うねりがおよそ2メートルと少し高い状態だったということです。警察は、岸壁で釣りをしていた2人が、海に落ちた経緯など詳しい状況を調べています。