逆走車がひき逃げ 2人死傷 60代男から事情聴く 東京

逆走車がひき逃げ 2人死傷 60代男から事情聴く 東京
12日未明、東京・墨田区の国道で逆走してきた車が男性2人を次々とはねて逃走し、このうちはねられた新聞配達員の60代の男性が死亡しました。
12日午前2時半ごろ、墨田区向島の国道で、上り車線を逆走してきたワゴン車がそれぞれ自転車に乗っていたと見られる60代の新聞配達員の男性と20代の男性を次々とはね、逃走しました。

警視庁によりますと、このうち、新聞配達員の男性は頭を強く打ち、病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。20代の男性は腰などを骨折する重傷ですが、命に別状は無いということです。

ひき逃げ事件として警視庁が逃げた車を追っていたところ事故からおよそ30分後、現場から3キロほど離れた台東区内の交差点で、フロントガラスにヒビが入り、車体の前の部分が大きくへこんだ車を見つけて、運転していた60代の男から事情を聴いているということです。