日航機墜落事故から34年 遺族らの慰霊登山続く

日航機墜落事故から34年 遺族らの慰霊登山続く
520人が犠牲になった日航ジャンボ機の墜落事故から34年となる12日、墜落現場の群馬県上野村では、遺族などの慰霊の登山が続いています。
昭和60年8月12日、お盆の帰省客などを乗せた日本航空のジャンボ機が群馬県上野村の山中に墜落し、国内の航空機事故としては最も多い520人が犠牲になりました。

事故から34年となる12日、上野村では墜落現場の「御巣鷹の尾根」を目指す慰霊の登山が続き、遺族などが亡くなった人の墓標に花を手向けたり線香を供えたりしました。

また、墜落現場にある慰霊碑「昇魂之碑」の前では、手を合わせて犠牲者を悼んでいました。

さらに、遺族や地元の人が参加して犠牲者を追悼する行事も行われ、子どもたちがシャボン玉を一斉に飛ばして空の安全を祈りました。

夕方には、ふもとにある「慰霊の園」で追悼慰霊式が開かれ、墜落時刻の午後6時56分に合わせて黙とうが行われます。

事故から34年がたち遺族の高齢化が進む中、事故の記憶を次の世代にどう伝えていくかが課題となっています。

伯父の応援でバレエの道に…30年ぶり慰霊

横浜市から慰霊に訪れた多田三香子さん(55)は、事故で伯父の永田昌令さんを亡くしました。

永田さんは、めいの多田さんが大好きだったバレエの道に進めるよう、多田さんの両親を説得してくれたということです。

多田さんは「ここを訪れたのは30年ぶりです。『元気で暮らしているから安心して』ということと『娘も私と同じバレエの道に進んだので応援してほしい』と伝えました。改めてこのような事故があってはいけないと痛切に感じました」と話していました。

女優の娘亡くした母「事故二度とないよう願う」

娘で女優の吉田由美子さん(当時24)を事故で亡くした母親の公子さん(85)は、午前7時半ごろに登山口を出発し、1時間半ほどかけて由美子さんの墓標にたどりつくと、好物のあんみつなどを供えて、静かに手を合わせていました。

公子さんは「ことしも皆さんのおかげで娘の墓標に来ることができました。飛行機などの乗り物で大勢が亡くなるような事故は二度とないよう願っています」と話していました。