中国副主席 10月に日本訪問で調整 即位の儀式参列へ

中国副主席 10月に日本訪問で調整 即位の儀式参列へ
中国の王岐山国家副主席がことし10月に日本を訪れ、天皇陛下が即位を内外に宣言する儀式に参列する方向で調整が進められていることが分かりました。
日中関係筋によりますと、中国の王岐山国家副主席はことし10月に日本を訪れ、22日に行われる天皇陛下が即位を内外に宣言する儀式「即位礼正殿の儀(そくいれい せいでんのぎ)」に参列する方向で調整が進められているということです。

王副主席は日本に滞在中、安倍総理大臣とも会談するとみられます。

王副主席は習近平国家主席の信頼が厚いとされ、1期目の習指導部では中国共産党最高指導部の政治局常務委員を務めて汚職摘発で手腕を発揮し、2期目では最高指導部は退いたものの、国家副主席として習氏を支えています。

平成2年に行われた即位の礼の際、中国は当時の副首相を派遣しており、今回、より格上である王氏の参列が実現すれば、来年春に予定されている習主席の国賓としての日本訪問に向けて一層弾みがつくことになります。