台風10号 15日ごろ西日本最接近か 太平洋側はきょう以降大雨も

台風10号 15日ごろ西日本最接近か 太平洋側はきょう以降大雨も
大型の台風10号は日本の南の海上を北西へ進んでいて、小笠原諸島だけでなく、西日本や東日本の太平洋側でも高波に警戒が必要です。台風は今月15日ごろには西日本に最も接近する見込みで、最新の台風情報を確認し、早めの備えを進めるよう心がけてください。
気象庁の観測によりますと、大型の台風10号は小笠原諸島の父島の西南西の海上を北西へ進んでいます。

小笠原諸島では強い風が吹き、海上は大しけとなっていて、高波に警戒が必要です。

台風は13日以降北寄りに進路を変え、今月15日ごろには西日本に最も接近する見込みです。

西日本と東日本の太平洋側や南西諸島ではこれから次第に風が強まるほか、波も高くなって、12日夜からは6メートルを超える大しけとなるところがある見込みで、海に近づく際には高波に警戒が必要です。

西~東日本太平洋側 きょう午後以降 大雨のおそれも

また台風の湿った空気の影響で、西日本と東日本の太平洋側では、台風が近づく前の12日午後から南東斜面を中心に雨が降り続き、大雨となるおそれがあります。

13日朝までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、東海で150ミリ、近畿で100ミリで、その後14日朝までの24時間に降る雨の量は、東海で200から300ミリ、近畿と九州南部、奄美地方で100から200ミリ、四国と沖縄地方で100から150ミリと予想されています。

台風が接近する地域では15日ごろにかけて台風本体の雨雲がかかって、さらに雨量が増える見込みです。

お盆の休み期間中に風や雨が強まって、大荒れの天気となるおそれがあります。

最新の台風情報を確認し、早めの備えを進めるよう心がけてください。