「米大統領認めた」北朝鮮談話は日米離すねらいか 冷静に対応

「米大統領認めた」北朝鮮談話は日米離すねらいか 冷静に対応
k10012032061_201908120631_201908120631.mp4
北朝鮮が一連のミサイル発射について、アメリカのトランプ大統領が認めていると正当化した談話を発表したのに対し、防衛省は先の日米防衛相会談であらゆる射程の弾道ミサイルの廃棄に向けて緊密に連携することで一致しているとして、北朝鮮の動向を注視しながら冷静に対応していく方針です。
北朝鮮による短距離弾道ミサイルなどの発射について、アメリカのトランプ大統領は射程の短いものであれば問題視しない姿勢を示しています。

こうした中、北朝鮮外務省のアメリカ担当局長は11日に談話を発表し、一連のミサイル発射について「アメリカ大統領までもが非常に小さなミサイルの実験だと述べて、事実上、主権国家としてのわれわれの自衛権を認めている」と主張し、トランプ大統領が短距離ミサイルの発射実験を認めていると正当化しました。

これに対し防衛省の幹部は「先の日米防衛相会談で、あらゆる射程の弾道ミサイルの廃棄に向けて緊密に連携していくことで一致しており、認識にそごはない」としています。

そのうえで「トランプ大統領の発言を利用し、アメリカと、射程にかかわらず発射を認めていない日本を引き離そうとしているのではないか」と分析していて、防衛省は北朝鮮の動向を注視しながら冷静に対応していく方針です。