“香港を国扱い” Tシャツのデザインでベルサーチが謝罪

“香港を国扱い” Tシャツのデザインでベルサーチが謝罪
香港で抗議活動が続く中、イタリアの高級ブランド・ベルサーチが販売していたTシャツのデザインが香港を国のように扱っているとして、中国のネット上に批判の書き込みが相次ぎ、ベルサーチが謝罪する事態になっています。
批判の書き込みが相次いだのはイタリアの高級ブランド・ベルサーチが販売していた、背中の部分に世界のさまざまな都市とその国の名前が英語で表記されたTシャツです。

Tシャツには北京と上海の国の名前は中国と表記されていますが、香港とマカオはそれぞれ香港、マカオと、国のように表記されていて、中国のSNSには「中国の主権を侵害することは許さない」といった批判の書き込みが相次いでいます。

さらに、ベルサーチをPRするブランドアンバサダーを務める中国の人気女優が11日、「中国国民としてこれ以上ない憤りを感じる」として、ベルサーチとの契約を解除するという声明を出しました。

こうした事態を受けてベルサーチも声明を出し、「誤ったデザインによって正確な国家の名称が使われなかった。われわれは中国を愛しており、中国の領土と主権を尊重する」と謝罪しました。

このTシャツは、すでに販売中止になっているということです。

香港で容疑者の身柄を中国本土にも引き渡せるようにする条例の改正案をめぐって抗議活動が続く中、中国ではSNSのユーザーなどが中国の主権に関わる話題に敏感になっていることをうかがわせています。