夏の甲子園 センバツベスト4の明石商業 夏の大会初勝利

夏の甲子園 センバツベスト4の明石商業 夏の大会初勝利
夏の全国高校野球、大会6日目の第4試合は、ことしのセンバツでベスト4に入った兵庫の明石商業が、おととしの優勝校、埼玉の花咲徳栄高校に4対3で勝ち、夏の甲子園初勝利を挙げました。
明石商業は1点を追う5回、2番・水上桂選手のツーランホームランで逆転しました。

その後、同点に追いつかれましたが、3対3で迎えた7回、キャプテンの3番・重宮涼選手のタイムリーヒットで勝ち越しました。

投げては2年生エースの中森俊介投手が今大会チーム打率トップの花咲徳栄の打線を3点に抑えて、4対3で競り勝ち、夏の大会初勝利を挙げました。

一方、2年ぶりの全国制覇を目指した花咲徳栄は、1点を追う9回もランナーを二塁に進めましたが、あと一歩、及びませんでした。

明石商業 狭間監督「とても頼もしく見えた」

明石商業の狭間善徳監督は「今までやってきたことがすべて出せて、明石商業らしい粘り強い試合ができた。中森投手がよく抑えてくれたし、子どもたちがとても頼もしく見えた」と笑顔で話していました。

また7回、重宮涼選手がスクイズを失敗したあとに勝ち越しタイムリーを打った場面について「スクイズを失敗したあと、後ろのバッターもいるから打たせようとひらめいてスクイズのサインを取り消したら、タイムリーヒットを打った。重宮は本当に勝負強い」とたたえていました。

明石商業 完投勝利の中森投手「味方を信じていた」

完投勝利をあげた明石商業のエース、中森俊介投手は「1回から思ったようなピッチングができずに苦しい試合になってしまった。味方が点を取ってくれると信じていたので最後まで完投勝利できた。きょうはコントロールが乱れたほか、後半は体力が落ちたので、次の試合ではしっかり調整して臨みたい」と話していました。

明石商業 勝ち越しタイムリーの重宮選手「気持ちを切り替えて」

明石商業のキャプテン、重宮涼選手は7回、ノーアウト一塁三塁でスクイズを失敗したあとに、勝ち越しのタイムリーヒットを打った場面について「スクイズをミスをしたのは気持ちが弱かったからだと思う。そのあと気持ちを切り替えたのが自分の強みで、タイムリーヒットを打ててよかったです」と話していました。

次の3回戦に向けては「厳しい試合に勝つことができたのはチームにとって財産になった。応援してくれる人たちへの感謝を忘れずに次の試合に臨みたい」と話していました。

花咲徳栄 岩井監督「すべて出し切った これ以上何もできない」

1点差で敗れた花咲徳栄高校の岩井隆監督は「勝負のあやに尽きる。選手たちは粘り強く、食らいついていってくれた。すべて出し切ったので、これ以上、何もできません」と悔しそうに話していました。

対戦相手の明石商業については「エースがしっかりしているし、打線は全員が指示されたことをしっかり守って中軸に回そうとしていると感じた。うちが追い上げていくパターンを想像していたが、甘かった」と話していました。

花咲徳栄 一時同点のホームラン 菅原選手「しっかり踏み込んで」

7回に同点のソロホームランを打った花咲徳栄高校の菅原謙伸選手は「中森投手のインコースへの変化球がよくて、ちょっと体が引いてしまったが、その後にしっかり踏み込んで思い切ってバットを振った。打ったときはあまり感触がなく、とにかくスタンドに入ってくれという気持ちだった」と振り返っていました。