「ご当地マンホール」全国から大集合 職人の技光る 大分

「ご当地マンホール」全国から大集合 職人の技光る 大分
k10012031731_201908111559_201908111600.mp4
全国各地の特色あるマンホールのふたを集めた催しが、世界的に人気のキャラクター「ハローキティ」をあしらったマンホールのふたがある大分県日出町で開かれました。
この催しは、ハローキティなどのキャラクターで知られるサンリオのテーマパークがある大分県日出町が、町おこしのためにハローキティをあしらったマンホールのふたを作ったことを記念して開かれました。

会場には全国の自治体で使われているマンホールのふた、16点が展示されました。このうち北九州市のものは、ゆかりの漫画家、松本零士さんの作品「銀河鉄道999」がモチーフです。

このほか、静岡市の「ちびまる子ちゃん」や鳥取県北栄町の「名探偵コナン」などキャラクターを扱ったものが人気で、訪れた人たちが写真を撮るなどして楽しんでいました。

会場にはマンホールのふたの形をした缶バッジを作ることのできるコーナーも設けられ、子どもたちが絵を描いてオリジナルの缶バッジを作り、持ち帰っていました。

小学生の息子と訪れた女性は「子どもの自由研究にいいなと思い遊びに来ました。いろいろな柄のマンホールがあっておもしろいです」と話していました。

日出町上下水道課の青野大介主任は「ご当地マンホールは一つ一つ手作りで名物やキャラクターを細かく表現しているので、そういった職人の技にも注目して楽しんでほしい」と話していました。