「衆参両院で新統一会派」国民が回答 立民執行部の対応焦点

「衆参両院で新統一会派」国民が回答 立民執行部の対応焦点
k10012031321_201908110507_201908110513.mp4
立憲民主党から衆議院の会派に加わるよう要請されたことに対し、国民民主党は、衆・参両院で新たな統一会派の結成を求めることを正式に決めました。立憲民主党内では要請した内容とずれがあり、受け入れられないという声が出る一方、野党勢力の結集に向けて柔軟に対応すべきだという主張も根強く、執行部の対応が焦点となります。
立憲民主党から衆議院の会派に加わるよう要請されたのを受けて、国民民主党は10日、すべての国会議員を対象とした会合を開き、衆議院だけでなく、衆・参両院で新たな統一会派を結成するよう求める回答を正式に決めました。

これについて、立憲民主党からは要請した内容と枠組みや手法でずれがあり、受け入れられないという声が出ています。

また、憲法改正やエネルギー政策などの党の政策に理解をしたうえで会派に加わるよう求めたのに対し、国民民主党が「協議し、合意を形成したい」としていることについても、立場に違いがあり、譲歩は難しいという意見が出ています。

一方で、党内には次の衆議院選挙に向けて、野党勢力を結集する必要があるとして、柔軟に対応すべきだという主張も根強く、執行部の対応が焦点となります。