キングカメハメハ死ぬ 18歳 2004年のダービー馬

キングカメハメハ死ぬ 18歳 2004年のダービー馬
日本ダービーとNHKマイルカップの2つのG1レースで勝利を挙げるなど、中央競馬で活躍したキングカメハメハが9日、死にました。
JRA=日本中央競馬会によりますと、キングカメハメハが9日に死んだと、管理する北海道の牧場、社台スタリオンステーションから連絡があったということです。

キングカメハメハは2004年に日本ダービーとNHKマイルカップの2つのG1レースで勝利するなど、8戦7勝の成績を残し、引退後は種ぼ馬としても活躍しました。

牧場によりますと、キングカメハメハは免疫機能が低下し療養に専念していましたが、9日夕方に体調が急変し、9日夜、18歳で息を引き取ったということです。

管理する社台スタリオンステーションは「種ぼ馬として、1頭の馬として、尊敬すべきすばらしい馬でした。感謝の気持ちでいっぱいです。ご冥福をお祈りいたします」とコメントしています。