女性にもためらわずに使って AEDの講習会

女性にもためらわずに使って AEDの講習会
k10012031201_201908110514_201908110515.mp4
心停止した際、男性と比べて女性ではAEDが使われにくい傾向があることから、東京で女性へのAEDの使い方などを紹介する講習会が開かれました。
AEDは、心臓の動きを正常に戻す医療機器で、鎖骨の下など素肌に直接パッドをはる必要があり、男性と比べて女性では使われにくい傾向があることが課題として指摘されています。

今月10日の「ハートの日」に合わせて、東京 港区の東京慈恵会医科大学では、AEDの使い方を学ぶ講習会が開かれ、女性への配慮のしかたを医師が紹介しました。

医師は、女性に見立てた人形を使いながら、
▽素肌にパッドを装着できれば、服をすべて脱がさなくてもよい
▽ブラジャーなどに金具が入っていても、
 金具の部分に重ならないようにずらしてパッドをはればよい
▽パッドをつけたあと、上に服をかけても影響がない
などを説明し、AEDをためらわずに使ってほしいと呼びかけていました。

参加した男性は「女性に使うことに多少ためらう部分もあるが、命には変えられない。万が一の時は講習を思い出して対応したい」と話していました。

東京慈恵会医科大学の武田聡主任教授は「AEDを使うことで救われる命がある。正しい知識を身につけ、AEDを積極的に活用してほしい」と話していました。