海水浴中の親子が沖に流される 父親が死亡 佐賀 唐津

海水浴中の親子が沖に流される 父親が死亡 佐賀 唐津
10日午後、佐賀県唐津市の海岸で、海水浴をしていた小学生と47歳の父親が沖に流され、2人とも救助されましたが、父親が死亡しました。
10日午後4時前、唐津市呼子町の海岸で「小学4年の息子と夫の姿が見えない」と妻から消防に通報がありました。

警察や消防によりますと、2人は海で泳いでいたところ沖に流されたと見られ、いずれもサーフィンをしていた人たちに救助されましたが、父親で福岡市西区姪の浜の会社員、野呂真司さん(47)の死亡が病院で確認されました。

小学4年生の息子は意識があり、命に別状はないということです。

佐賀地方気象台によりますと、10日の唐津市の沿岸は、波の高さが1.5メートルから2メートルで、台風9号の影響でうねりを伴っていたとみられるということです。

警察が当時の状況を調べています。