ミャンマー 大雨で地滑り 35人死亡 100人行方不明か

ミャンマー 大雨で地滑り 35人死亡 100人行方不明か
ミャンマー南部で9日、大雨による地滑りが起き、これまでに35人が死亡したほか、およそ100人の行方が分からなくなっているとみられ、死者の数は今後さらに増えるおそれがあります。
ミャンマー南部のモン州で、9日朝早く、大雨による地滑りが起き、周辺の住宅などが土砂の下敷きになりました。

ミャンマーの消防当局によりますと、これまでに35人の死亡が確認されたほか、多くのけが人が出て、病院などに搬送されています。

また、地元選出で、現地で情報収集にあたっているミャンマー議会の議員によりますと、約100人の行方が分からなくなっているとみられ、死者の数は今後さらに増えるおそれがあります。

現地からの映像では、土砂によって住宅が押しつぶされ、トラックも横倒しになっています。

土砂には大きな石が大量に含まれ、雨も降り続いていることから捜索や救助活動は難航しています。

雨季に入っているミャンマーでは、各地で連日、大雨となっていて、国連人道問題調整事務所によりますと、ミャンマー全土で約3万8000人が避難生活を余儀なくされているということです。