関越道 乗用車2台と大型トラックが事故 4人けが

関越道 乗用車2台と大型トラックが事故 4人けが
k10012030751_201908100939_201908100940.mp4
帰省ラッシュがピークを迎える中、群馬県昭和村の関越自動車道の下り線で10日朝、大型トラックと乗用車2台が関係する事故があり、合わせて男女4人が軽いけがをしました。
10日午前6時すぎ、群馬県昭和村の関越自動車道下り線で、大型トラックと乗用車2台が相次いで衝突しました。消防によりますと、乗用車に乗っていた59歳男性と16歳女性が、一時、車内に閉じ込められ救出されましたが、けがの程度は軽いということです。

また、もう1台の乗用車の53歳男性と51歳女性も、首に軽いけがをしました。大型トラックの30歳の運転手の男性には、けがはありませんでした。

現場は、片側2車線で、警察によりますと、渋滞の最後尾で速度を落とした乗用車に大型トラックが追突し、さらに玉突きの状態で前の乗用車に追突したということです。

この事故で、関越自動車道は渋川伊香保インターチェンジと昭和インターチェンジの間の下り線が、約4時間にわたって通行止めになりました。