猛暑続く こまめな水分補給など熱中症に警戒を

猛暑続く こまめな水分補給など熱中症に警戒を
k10012030691_201908100638_201908100644.mp4
猛暑が続いていますが、10日も気温が35度以上の猛烈な暑さが予想され、引き続き熱中症に警戒が必要です。熱中症が原因で亡くなる人も相次いでいて、こまめな水分補給や冷房を使うなど対策をとってください。
気象庁によりますと、9日は茨城県大子町で最高気温が39度に達するなど、全国の137の観測点で35度以上の猛暑日となりました。

10日も東日本と西日本を中心に広い範囲で晴れて気温が上がる見込みで、日中の最高気温は京都市で39度、大阪市と福岡市で37度、名古屋市で36度、東京の都心や長野市、それに会津若松市で35度などと、各地で猛烈な暑さが予想されています。

屋外での活動中や自宅で冷房を使用せずに亡くなったケースもあり、引き続き熱中症に警戒してください。

こまめに水分を補給するほか、屋外での運動はできるだけ避け、室内では冷房を使うなどの対策を取ってください。

一方、日中の気温上昇の影響で、広い範囲で大気の状態が不安定になり、局地的に雨雲が発達するおそれがあります。激しい雷雨や突風など、天気の急変にも注意が必要です。