国民 新たな統一会派結成求め 党内の意見集約へ

国民 新たな統一会派結成求め 党内の意見集約へ
k10012030641_201908100511_201908100512.mp4
立憲民主党から衆議院の会派に加わるよう要請されたことを受け、国民民主党は10日、両院議員総会を開くなど、党内の意見集約を図ることにしており、執行部は衆・参両院で新たな統一会派を結成するよう求める方針を正式に決めたいとしています。
野党勢力の結集に向けて、立憲民主党は国民民主党や野田 前総理大臣が代表を務める衆議院の会派「社会保障を立て直す国民会議」に対し、それぞれ衆議院の会派に加わるよう要請しました。

これを受けて国民民主党は10日、両院議員総会や地方組織の幹事長らを集めた会議を開いて党内の意見集約を図ることにしており、執行部は対等な立場で衆・参両院で新たな統一会派を結成するよう求める方針を正式に決めたいとしています。

また「社会保障を立て直す国民会議」は、国民民主党の動向を見極めながら合流に向けた調整を進めていく方針です。

国民民主党の執行部は、立憲民主党と衆・参両院での統一会派の結成で合意できれば、政策や会派の人事などの協議に入りたいとしています。

ただ両党には憲法改正やエネルギー政策などをめぐって立場の違いもあり、協議は難航するのではないかという見方も出ています。