五輪HP地図 北方領土の表示 ロシア外務省「雰囲気を害する」

五輪HP地図 北方領土の表示 ロシア外務省「雰囲気を害する」
k10012030631_201908100515_201908100516.mp4
ロシア外務省は、東京オリンピック・パラリンピックの公式ホームページで、北方領土が日本の領土として地図上に表示されていることを取り上げ、両国間の雰囲気を害するものだと批判し、領土問題で譲歩しない強硬な姿勢をあらためて示しました。
東京オリンピック・パラリンピックの公式ホームページでは、オリンピックの聖火リレーのルートが、日本地図を掲載して紹介されています。

ロシア外務省のザハロワ報道官は9日の定例会見で、地図の中で北方領土が日本の領土として表示されているとしたうえで「日本側の要請などに基づいて、複雑な問題を解決しようとわれわれが作り出そうとしている雰囲気を害するものだ」と述べ、批判しました。

ロシアは、先月も日本がG20大阪サミットのために作成した動画で北方領土が日本の領土として表示されていたとして日本側に抗議したほか、今月2日にはメドベージェフ首相が択捉島を訪れ、ロシアの領土として開発を進める姿勢を強調しました。

ロシアでは、日本と同盟関係にあるアメリカとの関係も悪化するなか、日本との平和条約交渉は進んでおらず、ロシアは領土問題で譲歩しない姿勢を強めています。

一方、日本側はメドベージェフ首相の択捉島訪問などについて「日本の一貫した立場と相いれず、極めて遺憾だ」などと重ねて抗議しています。