横浜 連続切りつけ事件 被害の男性「無言で襲われた」

横浜 連続切りつけ事件 被害の男性「無言で襲われた」
k10012030621_201908100507_201908100509.mp4
9日夜、横浜市南区の路上で40代の男性2人が男に次々と刃物で切られてけがをした事件で、男性はいずれも「無言で襲われた」と話していることが警察への取材でわかりました。2人とは面識がない男とみられ、警察は傷害事件として行方を捜査しています。
9日午後7時すぎ、横浜市南区大岡の路上で宅配業者の45歳の男性が突然、男に刃物で脇腹を切られ、およそ5分後には70メートルほど離れた路上でも帰宅途中の49歳の男性が男に左腕を刃物で切られました。

警察によりますと、2人はいずれも命に別状はなく、襲った男はそのまま走って逃げたということです。

これまでの調べによりますと、被害にあった2人はいずれも「面識のない男だった」と話していて、さらに「無言で襲われた」と説明していることが警察への取材でわかりました。

宅配業者の男性は「仕事で使う端末を操作していたら後ろから切られた」と話し、もう1人の男性は「正面から切られた」と話しているということです。

警察によりますと、逃げた男は年齢が20代から40代くらい、身長が1メートル70センチくらいの小太り、髪は短かったということです。

警察は同じ男が相次いで2人を襲った通り魔事件の可能性があるとみて、傷害の疑いで行方を捜査するとともに、付近の防犯カメラの映像を解析するなど詳しい状況を調べています。