トランプ大統領 キム委員長から「美しく前向きな書簡」

トランプ大統領 キム委員長から「美しく前向きな書簡」
k10012030561_201908100514_201908100515.mp4
アメリカのトランプ大統領は北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長から「美しく、前向きな書簡を受け取った」と述べ、新たに書簡を受け取ったことを明らかにしたうえで、4回目の米朝首脳会談の開催に意欲を示しました。北朝鮮が短距離弾道ミサイルなどを相次いで発射するなか、非核化協議の再開につながるのか注目されます。
トランプ大統領は9日、ホワイトハウスで記者団に対し「北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長からとても美しい書簡を受け取った」と述べ前日の8日に新たに書簡を受け取ったと明らかにしました。

書簡は3ページにわたり、トランプ大統領は「とても前向きなものだった」と述べました。

そのうえで4回目の米朝首脳会談について「また会談を行うことになると思う」と述べ、開催に意欲を示しましたが、具体的な時期については言及しませんでした。

北朝鮮はこのところ相次いで短距離弾道ミサイルなどを発射していますが、トランプ大統領は「すべて短距離だ」と述べ、問題視しない姿勢を改めて示しました。

一方で、アメリカと韓国が行っている合同軍事演習をめぐって、トランプ大統領は「キム委員長は快く思っていない」と述べ、書簡の中で、キム委員長が不満を示したとしています。

ことし6月の3回目の米朝首脳会談で、両国は、先月中旬にも非核化の協議を再開することで合意していましたが、その後、進展は見られず、非核化協議の再開につながるのか注目されます。