サッカー 香川 スペイン2部サラゴサに移籍

サッカー 香川 スペイン2部サラゴサに移籍
サッカー日本代表のミッドフィルダー、香川真司選手がドイツ1部リーグのドルトムントからスペイン2部リーグのサラゴサに移籍することになりました。
これはサラゴサが9日、公式のホームページで発表しました。それによりますと、サラゴサは香川選手と2年契約を結んだということです。

香川選手は兵庫県出身の30歳。ミッドフィルダーとして緩急自在のドリブルやパスセンスで長く日本代表の司令塔を担い、去年ロシアで行われたワールドカップでは日本の決勝トーナメント進出に大きく貢献しました。日本代表では97試合に出場し、31点を決めています。

昨シーズンは出場機会を求めて、ドルトムントからトルコ1部リーグのベシクタシュに期限付きで移籍しましたが、レギュラーを獲得することはできませんでした。

香川選手は自身のツイッターで「サラゴサの一員になれてとてもうれしいです。クラブが1部に返り咲けるように戦っていきたい」とスペイン語で決意表明を書き込みました。