米国防長官 有志連合で韓国に協力求める

米国防長官 有志連合で韓国に協力求める
韓国を訪れていたアメリカのエスパー国防長官は9日、韓国国防相との会談で、中東のホルムズ海峡の安全確保のためにアメリカが結成を目指している有志連合について、韓国に協力を求めたことが明らかになりました。
アメリカのエスパー国防長官は9日、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領やチョン・ギョンドゥ(鄭景斗)国防相と会談しました。

韓国国防省の関係者はチョン国防相との会談で、エスパー長官は中東のホルムズ海峡の安全確保のためにアメリカが結成を目指している有志連合について説明したうえで、韓国に協力を求めたことを明らかにしました。

韓国国防省の関係者は「正式な参加の要請ではない」としていますが、韓国メディアは「政府はさまざまな選択肢を検討している」と伝えています。

またエスパー長官は、日米韓3か国の連携を図ることが不可欠だという考えを示しており、日韓両国の安全保障上の機密情報を共有、保護するための協定=「GSOMIA」について、韓国側に協定の継続を促したとの見方が出ています。