愛知県農業総合試験場のブタが豚コレラに感染

愛知県農業総合試験場のブタが豚コレラに感染
豚コレラの感染拡大の防止に向け対策を強化していた、愛知県長久手市の県の研究施設で飼育されているブタが、豚コレラに感染していることが確認されました。
新たに豚コレラの感染が確認されたのは、愛知県長久手市にある農作物や畜産の研究施設、愛知県農業総合試験場です。

愛知県によりますと、7月、この施設の近くにある民間の養豚場で豚コレラの感染が確認されたことを受け、施設で飼育されているブタの検査を行ったところ、2頭から豚コレラウイルスの陽性反応が出たということです。

愛知県内で豚コレラの感染が確認されたのはこれで15例目となりますが、県の施設で感染が確認されたのは初めてです。

愛知県は施設で飼育されているすべてのブタ、700頭余りの殺処分を行うことにしています。

この施設では、畜産関連の施設に入る際、3回の着替えを義務づけるなど、豚コレラの感染拡大の防止に向け対策を強化していました。

対策会議の中で大村知事は「県内で最高レベルの防疫体制を備えた施設で豚コレラが発生したことに衝撃を受けている。全力を挙げて感染ルートの解明にあたりたい」と述べました。

一方、愛知県は、豊田市の養豚場でも豚コレラの感染が確認されたと発表し、この養豚場で飼育されているすべてのブタ、およそ300頭の殺処分を行うことにしています。