浅間山噴火 火山灰への注意点は

浅間山噴火 火山灰への注意点は
k10012026811_201908080017_201908080018.mp4
噴火に伴う火山灰は、積もる量がわずかでも、深刻な影響が出るおそれがあります。今後の火山活動に注意が必要です。

ぜんそくなどの疾患のある人 悪化のおそれも

気象庁によりますと、積もった火山灰の厚さが0.1ミリ以上1ミリ未満の場合には、ぜんそくなど呼吸器に疾患のある人は症状が悪化するおそれがあります。

また、
▽道路の白線が見えにくくなり車は徐行運転が必要になり、
▽航空機や鉄道は運転できなくなる可能性もあります。

さらに、1ミリ以上積もるような場合は、健康な人でも目や鼻、のどなどの呼吸器に異常を訴える人が出始めます。

視界が悪くなる 停電発生のおそれも

また、
▽降ってくる火山灰や、積もった火山灰が巻き上げられ視界が悪くなるため、通行規制や速度制限が発生するおそれがあるほか、
▽送電施設に付着して停電が発生したり、
▽浄水場で水が浄化できなくなり給水が停止するなどライフラインにも影響が出るおそれがあります。

噴煙 北東方向に流されると予想

気象庁によりますと、今回の浅間山の噴火で噴煙は北東の方向に流されると予想され、火山灰などの影響は、次の市町村に影響する見込みです。

▽すでに影響しているとみられるのが、群馬県の長野原町と嬬恋村、長野県の軽井沢町と御代田町で、
▽8日の午前1時までに影響が予想されるのが、群馬県の中之条町と草津町、
▽午前2時までに予想されるのが群馬県東吾妻町と長野県栄村、新潟県の湯沢町で、
▽午前3時までに予想されるのが群馬県みなかみ町です。

長野県内 火山灰が降ったこと確認できず

長野県軽井沢町にある気象庁浅間山火山防災連絡事務所によりますと、午後11時現在、長野県内で火山灰が降ったことは確認できていないということです。

新潟県 湯沢町にも少量の灰が降るおそれ

気象庁は午後10時37分、新潟県の湯沢町にも少量の灰が降るおそれがあるとして注意を呼びかけています。