“ウナギは予約を”環境省がツイッター削除 画像の無断使用も

“ウナギは予約を”環境省がツイッター削除 画像の無断使用も
環境省が22日夜、公式ツイッターで「土用のウナギはご予約を」などと書き込んだところ批判が相次ぎ、書き込みを削除しました。飲食店情報サイトの画像を無断で使用していたことも分かり環境省はサイト運営会社などに謝罪しました。
環境省によりますと、22日午後8時ごろ、公式ツイッターで今月27日の土用のうしの日に触れて、「土用のウナギはご予約を」「食品ロスにならないように大事にいただきましょう。食べる方はできるだけ予約して、季節の行事を楽しみましょう!」と書き込みました。

これに対して「絶滅が危惧されているウナギの消費を環境省が後押しするのか」といった批判のコメントが相次ぎ、環境省はおよそ3時間後に書き込みを削除しました。

さらに、この書き込みのうな重の画像が、飲食店情報サイト「ぐるなび」に掲載されている北海道の店の写真と似ているという指摘があり確認したところ、無断で使用していたことが分かったということです。

この書き込みを担当した環境省の職員は、インターネット検索で見つけた画像を無断で加工し転載したということで、「ルールを理解していなかった」と話しているということです。

環境省は著作権の侵害にあたるとして、サイトの運営会社などに謝罪しました。環境省は「再発防止を徹底していきます」とコメントしています。