「NHKスクランブル化は民放との二元体制崩す」石田総務相

「NHKスクランブル化は民放との二元体制崩す」石田総務相
k10012004731_201907231522_201907231524.mp4
参議院選挙で議席を獲得したNHKから国民を守る党が、NHKの放送を受信料を支払っている人だけが見られるようにスクランブル化すべきだと主張していることに関連し、石田総務大臣は「民間放送との二元体制を崩しかねない」と述べ、スクランブル化に否定的な考えを示しました。
今回の参議院選挙でNHKから国民を守る党は、NHKの放送を受信料を支払っている人だけが見られるように「スクランブル化すべきだ」などと主張し、比例代表で1議席を獲得しました。

これに関連して石田総務大臣は記者団に対し、「NHKには災害報道や政見放送など公共放送の社会的使命を果たすことが求められる中で、その財源は広く国民・視聴者に公平に負担してもらう受信料で支える制度となっている」と述べました。

そのうえで、「NHKの放送をスクランブル化するということは技術的な話ではなく、NHKの基本的な性格を根本的に変えてNHKと民間放送という現在の二元体制を崩しかねないものだ。二元体制は、国会で全会一致でNHK予算が承認されるなど日本に定着してきたもので、この点を順守する必要がある」と述べ、スクランブル化に否定的な考えを示しました。

菅官房長官「スクランブル化は公共放送の基本的性格に影響」

菅官房長官は、午後の記者会見で、「NHKの主な財政基盤を受信料としているのは、公共放送の社会的使命を果たすために、必要な財源を広く国民、視聴者全体に公平に負担いただくことが適当とされているためだ。NHKの放送をスクランブル化することは、公共放送としてのNHKの基本的性格に影響を及ぼすこととなり、慎重な対応が必要だ」と述べました。