小2女児 父親運転のクレーン車にひかれ死亡 新潟 南魚沼

小2女児 父親運転のクレーン車にひかれ死亡 新潟 南魚沼
k10012004621_201907231229_201907231233.mp4
23日午前7時半ごろ、新潟県南魚沼市で登校中の小学2年生の女子児童がクレーン車にひかれて死亡しました。クレーン車を運転していたのは児童の父親だということで警察が事故の詳しいいきさつを調べています。
23日午前7時半ごろ、新潟県南魚沼市西泉田で、近くに住む小学2年生、清水彩結さん(7)がクレーン車にひかれ、近くの病院に搬送されましたが、彩結さんは胸などを強く圧迫されていてまもなく死亡が確認されました。

警察によりますと、彩結さんは、小学校に登校するため自宅を出たところ、父親で建設業の清水博紀さん(43)が運転するクレーン車にひかれたということです。

自宅は父親が経営する建設会社を兼ねていて、警察は、父親が車庫からクレーン車を出したところ、誤って彩結さんをひいたとみて、事故の詳しいいきさつを調べています。

彩結さんは24日が1学期の終業式だったということです。