島根 竹島付近 韓国がロシア軍機に警告射撃「領空を侵犯」

島根 竹島付近 韓国がロシア軍機に警告射撃「領空を侵犯」
韓国軍は、韓国が領有権を主張する島根県の竹島付近の空域で、ロシア軍機1機が「領空を侵犯した」として、戦闘機による警告射撃を実施したと発表しました。事態を重く見た韓国政府はロシア側に厳重に抗議し、再発防止を求めました。
韓国軍の合同参謀本部は23日午前、韓国が領有権を主張する島根県の竹島付近の空域で、ロシア軍のA50早期警戒管制機1機が「韓国の領空を侵犯した」と発表しました。

それによりますと、ロシア軍機は午前9時9分からの3分間と9時33分からの4分間の2回、韓国が主張する「領空」に入りました。

これに対し、韓国空軍のF15K戦闘機とKF16戦闘機が緊急発進して警告射撃を実施し、1回目が80発余り、2回目が280発余り、合わせて360発余りの実弾を発射したとしています。

ロシア軍機は、このあと午前9時37分に韓国の「領空」から、そして9時56分には韓国の防空識別圏から出たということです。

また、これに先立って午前6時44分から9時4分の間に、中国軍のH6爆撃機2機が韓国の防空識別圏に入り、いったん圏外に出たあと、日本海の上空でロシア軍のTU95爆撃機2機が合流して、合わせて4機で再び韓国の防空識別圏を通過したということです。

韓国軍は一連の動きに対し、戦闘機18機が4時間にわたって対応したとする一方、ロシアや中国の目的について「現時点では中ロの合同訓練とはみていない」として、その意図を慎重に分析しています。

ロシア軍機が韓国が領空と主張する空域を侵犯したのは初めてで、事態を重く見た韓国政府はロシア側に厳重に抗議し再発防止を求めるとともに、中国政府にも抗議の意思を示したということです。

韓国外務省 中ロ大使を呼び抗議

韓国外務省のユン・スング(尹淳九)次官補は、23日午後、在韓ロシア大使館のボルコフ臨時代理大使を呼びました。

そして、「急きょ呼んだのは、厳重な抗議を伝え、再発防止を求めるためだ」と述べ、厳重に抗議しました。

ボルコフ臨時代理大使は、記者団の前では何も語らずに韓国外務省をあとにしました。

これに先立って、ユン次官補は韓国に駐在する中国の邱国洪大使を呼び、中国軍機が韓国の防空識別圏に進入したことについて、抗議しました。

韓国国防省も韓国駐在のロシアと中国の武官呼び抗議

この問題で韓国国防省は、韓国に駐在するロシアと中国の武官を呼んで抗議しました。

韓国軍は中国軍の爆撃機2機とロシア軍の爆撃機2機が韓国の防空識別圏内に入り、これとは別のロシア軍の早期警戒管制機が「韓国の領空を侵犯した」としています。

これについて中国大使館の駐在武官は、メディアの取材に「1つ言及しなければならないのは、防空識別圏は領空ではない」と述べました。

一方、ロシアの武官は取材に応じませんでした。

ロシア国防省「領空侵犯していない」

韓国が領有権を主張する島根県の竹島付近の空域で、ロシア軍機による「領空侵犯があった」と発表したことについて、ロシア国防省は声明を出し「爆撃機は領空侵犯はしていない」と反論しました。

ロシアのインターファクス通信によりますと、ロシア国防省は23日、声明を発表し「ロシア軍のTU95爆撃機は計画どおり飛行した。島から25キロ以上離れ、国際法を順守して飛行しており、領空を侵犯してはいない」と反論しました。

一方で、韓国軍がTU95爆撃機ではなくロシア軍のA50早期警戒管制機が領空を侵犯したと主張していることについては言及していません。

そのうえでロシア側は「ロシア軍の爆撃機は韓国軍の2機の戦闘機から不用意に接近され、ロシア機の飛行経路を横切って安全を脅かされた」と述べて、韓国軍の対応を非難しました。

中国外務省「具体的な状況は分からない」

韓国軍が、ロシア軍機以外に中国軍機も韓国の防空識別圏に入っていたと発表したことについて、中国外務省の華春瑩報道官は、23日の記者会見で「具体的な状況は、はっきりと分からない。国防省に聞いてもらいたい」として具体的な状況は把握していないと述べました。

専門家「ロシアの政治的意図あったかはっきりせず」

ロシアの軍事に詳しい東京大学先端科学技術研究センターの小泉悠特任助教は「日韓の係争地域にロシア軍機が入った背景に何か政治的意図があったかどうかは現時点でははっきりしない。ただ、夏はロシア軍の航空機が日本の周辺で盛んに訓練を実施する時期なので、韓国が主張する領空に誤って入った可能性もあり、見極めが必要だ」と話しています。

ロシア軍機と中国軍機

ロシア国営の航空機メーカーのサイトなどによりますと、ロシア軍のA50早期警戒管制機は全長およそ50メートル、最高速度は時速900キロで、大型レーダーを搭載しています。

一定の空域を監視し、空中の目標などを探知、追跡するとともに、指揮下にある戦闘機の航空管制や指揮統制を行う能力があり、ロシア軍が大規模に展開する前線などに配備されます。

また、TU95爆撃機は全長およそ50メートル、最高速度は830キロで巡航ミサイルを搭載することができます。TU95はロシア軍の主力の爆撃機で、モスクワの参謀本部の直轄で運用されています。

また、中国軍のH6爆撃機は全長およそ35メートル、最高速度1050キロで旧ソビエトのTU16爆撃機を国産化したものです。