イニエスタ スペインリーグ移籍の久保と安部に期待

イニエスタ スペインリーグ移籍の久保と安部に期待
サッカーの元スペイン代表で、J1ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ選手がスペイン1部リーグの強豪チームに移籍した久保建英選手と安部裕葵選手について「2人ともとても高い能力を持っている。スペインでいろいろ吸収するだろう」と今後に期待を寄せました。
スペイン1部リーグの強豪、バルセロナで長年プレーしたイニエスタ選手は22日、都内で開かれたスペインリーグのイベントに出席し、女子の元日本代表、澤穂希さんなどとトークショーを行いました。

この中でイニエスタ選手は同じスペイン1部リーグの強豪、レアルマドリードに移籍した18歳の久保選手とバルセロナに移籍した20歳の安部選手について「2人ともとても高い能力を持っている。それぞれが高いポテンシャルのチームに挑戦しているが、彼らはとても若いのでいろいろ吸収していくだろう。彼らのような質の高いプレーヤーはスペインでプレーすることによってより成長する」と高く評価するとともに今後に期待を寄せました。

2人のうち安部選手は21日からバルセロナの日本ツアーに帯同していて、22日は都内で練習に参加しました。安部選手はスペインで行われた練習で右のでん部を痛めたということで別メニューとなり、軽めの調整で汗を流していました。

バルセロナは23日にさいたま市でイングランドプレミアリーグのチェルシーと、27日に神戸市でヴィッセルと対戦します。