公明 草川昭三 元国対委員長が死去 90歳

公明 草川昭三 元国対委員長が死去 90歳
公明党の国会対策委員長を務め、自民・公明両党と当時の自由党による連立政権の発足などに尽力した草川昭三氏が今月17日、名古屋市内で急性心不全のため亡くなりました。90歳でした。
草川氏は名古屋市出身で、労働組合の幹部を務めたあと、昭和51年の衆議院選挙で初当選し、衆議院議員を連続8期務めました。

その後、平成12年の衆議院選挙で落選しましたが、翌年の参議院選挙に立候補して当選し、参議院議員を2期務めました。

この間、公明党の副代表や参議院会長などを歴任したほか、平成11年には国会対策委員長として、自民・公明両党と当時の自由党による連立政権の発足などに尽力しました。