処分撤回の考え 吉本興業社長「つらい思いさせ申し訳ない」

処分撤回の考え 吉本興業社長「つらい思いさせ申し訳ない」
k10012003261_201907221455_201907221457.mp4
所属するお笑い芸人が反社会的勢力の主催する会合に参加して金銭を受け取っていた問題への対応を巡り、吉本興業の岡本昭彦社長が22日、初めて記者会見し、「反社会的勢力からタレントが金品を受け取り、申し訳ありませんでした」と謝罪しました。また、この問題で宮迫博之さんに出していた契約解消の処分を撤回する意向を明らかにしました。
吉本興業の岡本昭彦社長は、22日午後、東京都内で記者会見を開きました。

吉本興業では、所属するお笑い芸人が会社を通さない依頼を受けて反社会的勢力の会合に参加し、報酬として金銭を受け取っていたことが相次いで明らかになりましたが、会社として会見を開くのは問題の発覚後、初めてです。

岡本社長は冒頭、「反社会的勢力からタレントが金品を受け取ってしまったことに関して、事務所を代表して深くおわび申し上げます。申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

この問題では、吉本興業から契約を解消された宮迫博之さんと、謹慎処分を受けている田村亮さんが、20日、自分たちの判断で会見を開いています。

これについて岡本社長は「ああいう記者会見をさせてしまったことに関して、2人に対して深くおわびを申し上げます」と話したうえで、「処分の撤回を行って、戻ってきてもらえるならば、全力でサポートしていければと思っています」と述べ、宮迫さんに出していた契約解消の処分を撤回し、田村さんとも改めて話し合いをしたいという意向を明らかにしました。

また、宮迫さんや田村さんらに「会見したら、全員、連帯責任でクビにする」と言ったことについて、「ミーティングが硬直し、和ませようということで、『もうええ加減にせい、勝手にせい』というつもりで言ったが、僕の身内の感覚が伝わらなかったのだとしたら、反省するべきところだと思う」と釈明しました。

さらに、自身と大崎洋会長が、50%の減俸を1年間続けることを表明するとともに、コンプライアンスの徹底と「タレントファースト」で物事を考えることを一層進めたいと強調しました。

「都合良すぎ」「納得いかない」ネット上で厳しい声

吉本興業の岡本昭彦社長が開いた会見について、ネット上では、岡本社長の受け答えの内容などをめぐって、厳しい声が多く見られます。

宮迫さんに出した契約解消処分を撤回するとした発言については「処分撤回なんて、都合良すぎでしょ」「誰も納得いかない。話の筋が通ってない。時代を読み間違えてるわ」といった声が出ています。

また、宮迫さんや田村さんらに対し、「クビにする」と発言したと指摘されていることについて、『場を和ませようとした』などとした会見での発言をめぐっては、「加害者本人が冗談で発言したとしても、相手が不快感を覚えた場合、それはハラスメント(パワハラ)となります。『コンプライアンス遵守』を主張しといて、冗談とか和ませるためとかないわ-」といった反応がありました。

また「反社(反社会的勢力)と関わってる問題から吉本のパワハラ問題社内問題に話がすり替わってるな?」という指摘や「会見見てるけど、結局何が言いたいのか、何が目的なのか全然分からず保身しか感じない」といった声もありました。