参院選 投票率48.80% 戦後2番目に低く

参院選 投票率48.80% 戦後2番目に低く
総務省のまとめによりますと、今回の参議院選挙の選挙区の投票率は48.80%と、50%を下回り、平成7年の44.52%に次いで、国政選挙としては、戦後2番目に低くなりました。