アニメ会社放火 容疑者の容体予断許さぬ状態 別の病院に移送

アニメ会社放火 容疑者の容体予断許さぬ状態 別の病院に移送
k10012000341_201907201908_201907201909.mp4
京都市の「京都アニメーション」のスタジオが放火され34人が死亡した事件で、全身に重いやけどをして市内の病院に入院していた青葉真司容疑者は20日、大阪府内の大学病院に移送されました。警察は、回復を待って取り調べる方針ですが、容体は予断を許さない状態が続いているということです。
京都市伏見区にある「京都アニメーション」のスタジオが18日に放火された事件では、34人が死亡し、34人が重軽傷を負いました。

この事件で火をつけた疑いがあるとして、身柄を確保された青葉真司容疑者(41)は全身に重いやけどを負い、京都市内の病院に入院していましたが、20日午前、ドクターヘリで、より高度な治療が受けられる大阪の大学病院に移送されました。

警察は、回復を待って取り調べる方針ですが、移送された際、全身に白い包帯が巻かれていて、容体は予断を許さない状態が続いているということです。

一方、警察が19日から消防と合同で行っていた現場検証は20日昼すぎに終了しました。

検証に立ち会った京都アニメーションの八田英明社長は20日、報道陣の取材に応じ、青葉容疑者について「名前を聞いたことはなく、本社やスタジオを訪ねてきたこともない。会社に届くさまざまなメールにも、その名前があった覚えはない」と述べました。

また、青葉容疑者が取り押さえられた際、「小説を盗んだからやった」と叫んでいたことについて尋ねられると、会社が行っている小説の公募に青葉容疑者が応募してきたことはないと説明しました。

警察は、青葉容疑者が一方的に会社に恨みを抱いて事件を起こした可能性があるとみて調べています。

容疑者 2、3日前に現場近くで目撃

青葉容疑者とみられる男は、事件の2、3日前にも現場近くのコンビニエンスストアで目撃されていました。

近くに住む女性によりますと、事件が起きた18日の2、3日前、犬の散歩をしていたところ、現場から西に約200メートル離れたコンビニエンスストアの外で、男を見かけたということです。

男は、壁際に立ってスマートフォンを操作していて、そばにはガソリンを入れる携行缶の箱が2つ置かれていたということです。

女性は「テレビで容疑者が写った映像を見たときに、この人だと思いました。がっちりした体格で大きな人だったという印象ですが、その時は特に不審だとは思いませんでした」と話していました。

国連事務総長「深い悲しみ」

国連のグテーレス事務総長が19日、声明を発表し「放火による襲撃で命が失われたことに深い悲しみを感じる。犠牲者の家族と日本の政府、国民にお悔やみを申し上げる」と追悼の意を表しました。

そして、「この悲劇に、国連は日本政府と日本の人々に連帯を示したい」としています。

青葉容疑者 将来の夢は「大金持ち」

青葉容疑者は、小学校時代の卒業アルバムで、将来の夢について「大金持ち」と書いていて、ダイヤモンドなどの絵も一緒に描いています。

また、小学6年生の時の思い出については、運動会を挙げ、100メートル走で1位になったことや、学級対抗リレーで優勝したことの喜びをつづっています。さらに、趣味については、テレビゲームと書いていました。

京都アニメを応援映画上映館に大勢のファン

京都アニメーション制作の映画が上映されている京都市の映画館には、会社を応援したいという大勢のファンが訪れています。

京都市中京区の映画館では京都アニメーションが制作した「劇場版 Free!-Road to the World-夢」という、水泳部を舞台に若者たちの絆を描いた映画が上映されています。

映画館には大勢のファンが訪れていて、このうち香港出身の21歳の大学生は「京都アニメーションのアニメが大好きでしたが、こんな事件に巻き込まれ、とても悲しい。これからもグッズを買ったり映画を見て、少しでも応援したい」と話していました。

また、女子高校生は「京都アニメーションのアニメは映像がきれいで大好きになりました。優秀なスタッフの方がたくさん亡くなったと聞き、とてもショックを受けました。これから大変だと思いますが、ファンの一人として応援していきたい」と話していました。