Dragon Ashのメンバー 大麻所持の疑いで逮捕

Dragon Ashのメンバー 大麻所持の疑いで逮捕
人気ロックバンド「Dragon Ash」のメンバーが、大麻を所持していたとして、警視庁に逮捕されました。ほかにも世界的ギタリスト「Char」の息子も逮捕され、警視庁が大麻の入手ルートを捜査しています。
逮捕されたのは、「Dragon Ash」のメンバー、金子賢輔容疑者(33)で、警視庁によりますと、19日、京都市内の自宅で大麻を所持していたとして、大麻取締法違反の疑いが持たれています。

バンドでは「KenKen」の名前でベースを担当しています。

また、世界的ギタリスト「Char」の息子で、「JESSE」の名前で音楽活動をしている、マック・ファーデン・ジェシー・ソラト容疑者(38)も、19日、東京 品川区の自宅で、大麻数グラムを所持していたとして逮捕されました。

調べに対し、金子容疑者は「大麻だとなんとなくわかっていた。拾いました」と供述し、ジェシー容疑者は「大麻は私のものです」と供述しているということです。

2人は「RIZE」というバンドで活動していますが、金子容疑者は「Dragon Ash」にもメンバーとして加わっています。

「Dragon Ash」は俳優の古谷一行さんの息子で、ボーカルの降谷建志さんら7人組のバンドで「Grateful Days」や「FANTASISTA」といった楽曲がヒットしました。

警視庁は大麻の入手ルートを捜査しています。

所属事務所が謝罪コメント

「Dragon Ash」の所属事務所は、メンバーの金子賢輔容疑者が逮捕されたという報道を受けて、「関係各所の皆様、ファンの皆様へご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くおわび申し上げます。現在、事実確認を行っておりますが、この事態を重く受け止め、対応させていただく所存です。本人の処遇につきましては、進捗(しんちょく)を見守りつつ厳正に対処して参ります。現在出演を予定しているフェスなどのライブに関しては主催者、スタッフ、メンバーで対応を協議のうえ、ご報告させていただきます」というコメントをホームページに掲載しました。

また、「JESSE」の名前で音楽活動をしている、マック・ファーデン・ジェシー・ソラト容疑者の所属事務所は「ご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くおわび申し上げます。現在、詳細な事実調査を行っており、確認が取れ次第、対応させていただく所存です。今後の処遇につきましては、捜査の進捗を見守りつつ厳正に対処して参ります」というコメントをホームページに掲載しました。