台風5号 長崎県の五島列島で断続的に非常に激しい雨

台風5号 長崎県の五島列島で断続的に非常に激しい雨
大型の台風5号の影響で長崎県の五島列島では断続的に非常に激しい雨が降っています。気象庁は「五島市では50年に一度の記録的な大雨となっているところがある」という情報を発表し、土砂災害などに厳重に警戒するよう呼びかけています。
気象庁の観測によりますと、大型の台風5号は、20日午前3時には東シナ海を1時間に25キロの速さで北へ進んでいます。

中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、九州の広い範囲が台風の強風域に入っています。

長崎県の五島列島では昨夜遅くから発達した雨雲が次々とかかり、長崎県が五島市玉之浦町に設置した雨量計で午前3時までの1時間に55ミリの非常に激しい雨を観測しました。

また、レーダーによる解析では五島市で午前0時までの3時間におよそ200ミリの雨が降ったとみられ、気象庁は「五島市では50年に一度の記録的な大雨となっているところがある」という情報を発表しました。

風も強まり、上五島空港では午前2時に27.3メートルの最大瞬間風速を観測しました。

五島列島ではこのあとも1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重な警戒が必要です。
台風は、このあとも北上し、梅雨前線に向かって湿った空気が流れ込み続けるため
▽西日本では21日にかけて、
▽東日本では20日、
局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。

20日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽九州北部と四国で200ミリ、
▽九州南部で180ミリ、
▽北陸で120ミリと予想されていて、
その後、21日夕方までの24時間に、
▽四国で200ミリから300ミリ、
▽九州北部で100ミリから200ミリ、
▽九州南部で50ミリから100ミリの雨が降る見込みです。
気象庁は、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風に十分注意するよう呼びかけています。

また、台風に近い九州北部では非常に強い風が吹き、海上は大しけとなる見込みで、暴風や高波にも警戒してください。