放火事件 男の名前公表 「逮捕していないが重大性考慮」 警察

放火事件 男の名前公表 「逮捕していないが重大性考慮」 警察
k10011999111_201907192006_201907192008.mp4
18日、京都市の「京都アニメーション」のスタジオが男に放火され、33人が死亡、35人が重軽傷を負った事件で、警察は、身柄を確保した男は青葉真司容疑者だと明らかにしました。
警察は、青葉容疑者がガソリンの携行缶や台車など準備を重ねたうえで事件を起こしたとみて調べています。
18日午前10時半すぎ、京都市伏見区にある「京都アニメーション」のスタジオで、男がいきなりガソリンとみられる液体をまいて火をつけ、爆発的な火災が起きて、33人が死亡し、35人が重軽傷を負いました。

警察は19日、捜査本部を設置して、午後5時から記者会見を開きました。

この中で身柄を確保した男について、住所・職業不詳の青葉真司容疑者(41)だと公表しました。

逮捕していない容疑者の名前を公表した理由について「事案の重大性を考慮した」と説明しています。

警察は、放火や殺人などの疑いで捜査を進めていますが、19日午前、現場近くの公園でガソリンの携行缶が入っていたとみられる段ボール箱2つを押収しました。

この公園の近くの住民によりますと、青葉容疑者とみられる男が事件の前日や当日の朝にも目撃されているということで、段ボール箱のそばには着火剤や多目的ライターの箱なども置かれていました。

また、事件の30分ほど前には、この公園近くのガソリンスタンドを青葉容疑者とみられる男が訪れて40リットルのガソリンを購入し、2つの携行缶に入れて手押し式の台車に載せて運んだということです。

現場近くでは携行缶や台車などが見つかっていて、警察は、事前に準備を重ねたうえで事件を起こしたとみて、詳しく調べています。

「小説盗んだからやった」容疑者

警察によりますと、青葉容疑者は身柄を確保され、警察官に連れて行かれる際、「小説を盗んだからやった」などと話していたということです。

警察は発言の意味を慎重に調べています。

「男の部屋は物が散らかっていた」

京都市の「京都アニメーション」のスタジオが放火され33人が死亡した事件で、現場で確保された青葉真司容疑者(41)は7年前に(2012)コンビニエンスストアで強盗事件を起こして逮捕されるまで、3年半ほど茨城県常総市に住んでいました。

当時、青葉容疑者が住んでいた集合住宅を管理していた男性は「夜中に奇声をあげるほか、物をたたく音などで、周りの住民から週に1度くらいの頻度で苦情が来ていて、入居してまもなく家賃も滞納するようになった」と話しています。

そのうえで「男とは2度会ったことがあり、このうち1度は『事件を起こして逮捕された』という連絡を受けて警察署で面会した。書類作成などに素直に応じておとなしい印象を受けたが常に下を向いていて目を合わせることはなかった」と振り返りました。

そして「男の部屋は物が散らかっていたほか、パソコンの画面がハンマーで壊され、壁に穴が空いてガラスも割られていたが、アニメに関するものがあったかどうかは覚えていない」と話していました。