「死ね」メールみたいなものも少なくなかった 社長会見

「死ね」メールみたいなものも少なくなかった 社長会見
京都アニメーションの八田英明社長は、今回の事件を受けて本社前で報道陣の取材に答えました。この中で、八田社長は、多くの死者が出ていることについて「大げさな言い方かもしれないが、日本のアニメ業界を背負って立つ人たちが1人でも傷つき命を落としていくとはたまったものではない」と話しました。そのうえで、「映像に対して意見があるならちゃんと意見してほしい。こういう暴力行為は、絶対だめだ。断腸の思いです」と語気を強めました。
一方、今回の事件につながるトラブルについて、八田社長は作品に対する批判や「死ね」といったメールみたいなものを受け取ることは少なくなかったと説明しました。

そして、八田社長は今は映画を製作しているので作品に対して自分の思いを伝えてくるケースがあると説明しつつ、「意識的に注意しているが、これだけのことをする人がいるとは想像できなかった」と話していました。