テニス錦織 東京五輪ダブルス マクラクランとのペア希望

テニス錦織 東京五輪ダブルス マクラクランとのペア希望
テニスの錦織圭選手が来年の東京オリンピックで、シングルスに加えて出場を目指しているダブルスで、マクラクラン勉選手とペアを組みたいという考えを示しました。
29歳の錦織選手は、オリンピックで2008年の北京大会から3大会連続で出場し、2016年のリオデジャネイロ大会では、男子シングルスで銅メダルを獲得しました。

錦織選手は東京大会でシングルスに加えて、ダブルスでも出場に意欲を示しています。

17日、都内でNHKのインタビューに応じ「日本という戦いの場で多少むちゃしてでもチャンスをものにしたい気持ちがある。マクラクラン勉選手というダブルスに強い選手がいて、組めたらいいなと思っているし、ダブルスに出たいと考えた大きな理由の1つかもしれない」と話して、マクラクラン選手とペアを組みたいという考えを示しました。

マクラクラン選手はニュージーランド出身の27歳。身長1メートル88センチで、ダブルスを専門にツアーに参戦していて、これまでにツアー4勝を挙げています。

2人は去年6月にドイツで行われたツアー大会でペアを組んだ経験があり、マクラクラン選手も今月、錦織選手とペアを組むことを希望する考えを示していました。

一方、ミックスダブルスについて錦織選手は「大坂なおみ選手と組んでみたいなという思いはあるが、さすがに3種目は出られるか分からない。暑さもあるので、これから決めていきたいと思う」と話していました。