がん検診「要精密検査」なのに「異常なし」と誤通知 女性死亡

がん検診「要精密検査」なのに「異常なし」と誤通知 女性死亡
k10011995601_201907171329_201907171330.mp4
岐阜市が行ったがん検診で、「要精密検査」などとされた5人に、市が誤って「異常なし」とする通知書を送り、このうち50代の女性1人が16日、胃がんで死亡していたことがわかりました。市は「通知ミスが発見の遅れにつながった可能性は否定できない」として、遺族に謝罪しました。
岐阜市によりますと、おととし7月からことし2月までに肺がん、胃がん、それに乳がんの検診を受けた50代から70代の女性合わせて5人に対し、検診結果が「要精密検査」や「要注意」だったにもかかわらず、岐阜市が誤って「異常なし」と通知していたということです。

市によりますと、このうち50代の女性1人はことし1月に胃がん検診を受け、委託先の検診機関が「要精密検査」と判定したにもかかわらず、市の職員が誤って「異常なし」とする通知書を送ったということで、この女性は4月に病院を受診して胃がんと肺がんが見つかり、16日、胃がんのため死亡したということです。

これを受けて岐阜市は「通知ミスが発見の遅れにつながった可能性は否定できない」として、遺族に謝罪しました。

岐阜市の柴橋正直市長は「市民のがん検診に対する信用を損なったことは誠に遺憾で、再発防止策を徹底させます」としています。

通知書作成の際に読み合わせせず

岐阜市によりますと今回のミスは、16日夜死亡した50代の女性の家族が今月10日、「以前受けたがん検診の検診票を見せてほしい」と市に問い合わせたことからわかりました。

問い合わせを受けた市が確認したところ、この女性はことし1月10日に市の胃がん検診を受け、市は1月28日「異常なし」という通知書を作成して送っていましたが、通知書のもととなる委託先の検診機関の検診票には「要精密検査」と記されていました。

このため市が過去5年間に行ったがん検診、およそ16万件について通知書の内容と検診票を照らし合わせて調べた結果、5件の通知書で誤って「異常なし」としたミスが見つかったということです。

通知書は検診機関が記入する検診票をもとに岐阜市が市内の4か所で作成していますが、5件のミスはいずれも「岐阜市中市民健康センター」で起き、すでに退職した市の職員が2件を、別の市の職員が3件をそれぞれ担当していたということです。

市はマニュアルで、通知書を作成する際には2人で読み合わせるよう定めていますが、今回ミスをした職員は読み合わせをしていなかったということです。

市は今後、読み合わせを徹底するとともに、上司が通知書をチェックすることで再発を防止したいとしています。

岐阜市がん検診 年間4万5000人が受診

岐阜市によりますと、市内では市民を対象に毎年度、7月から2月にかけてがん検診が行われ、年間およそ4万5000人が受診しています。

このうち大腸がんと子宮がんについては、市から委託を受けた医療機関がそれぞれの施設で検診から通知書の作成と送付まで行いますが、肺がんと胃がん、乳がんは、医療機関が公民館などに検診車を向かわせて検診を行い、結果を検診票に記入したあと、市が通知書を作成して送っています。

自治体が受診呼びかけ

がん検診には企業の健康保険組合が従業員を対象に行う検診のほか、自営業者など職場で受ける機会がない人を対象に、市町村が実施しているものなどがあります。

市町村の検診は主に胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、それに子宮頸がんの5つのがんについて、対象となる年齢などが定められていて、自治体から委託を受けた医療機関などで実施されています。

がんで亡くなる人を減らすため、国はがん対策の基本計画に検診の受診率を50%に引き上げる目標を掲げていて、自治体では対象となる住民に受診を呼びかけるはがきを送るなどして、受診率の向上に取り組んでいます。

国の推計では平成28年の受診率は肺がんが46.2%と最も高く、次いで大腸がんが41.4%、胃がんが40.9%、乳がんが36.9%、子宮頸がんが33.7%となっていて、自治体の取り組みなどの結果、10年ほどでそれぞれ10%から20%程度増えています。