サッカーJ1 川崎フロンターレが首位FC東京に快勝

サッカーJ1 川崎フロンターレが首位FC東京に快勝
サッカーJ1は第19節の残り2試合が行われ、前の節を終えて首位のFC東京と3位の川崎フロンターレの上位対決は、フロンターレが3対0で快勝しました。
フロンターレは前半にエースの小林悠選手がJ1通算100得点となるゴールで先制し、後半には鮮やかなパスワークを発揮し、齋藤学選手のゴールなどで2点を追加しました。3位のフロンターレは1試合多く残しているなかで、首位のFC東京との勝ち点の差を4に縮めました。

湘南ベルマーレ対ヴィッセル神戸は、ベルマーレが3対1で逆転勝ちしました。ベルマーレは前半に先制されましたが、後半、山崎凌吾選手や先月、日本代表に選ばれた杉岡大暉選手のゴールなどで10分足らずのうちに3点を奪いました。ヴィッセルは2連敗です。