心肺蘇生をダンスで学ぶ 「EXILE」USA監修の動画公開

心肺蘇生をダンスで学ぶ 「EXILE」USA監修の動画公開
k10011993291_201907142119_201907142125.mp4
人が倒れ意識を失った際、ためらわずに心肺蘇生ができるようにと、手順や胸を押すリズムを学べるダンス動画が公開されました。
動画を作ったのは日本赤十字社や日本ライフセービング協会などで作る「#BPM100 DANCE PROJECT」です。

動画は15秒で心肺蘇生の一連の流れをダンスで説明しています。

ダンスでは
「119番通報をしてAEDを持ってきてもらう」
「心臓の位置を確認する」
「正しい手の組み方をして」
「手を伸ばしたまま胸骨部分を圧迫する」
など心肺蘇生のやり方が順を追ってわかるようになっています。

また、1分間に100回ほどという胸骨圧迫のテンポもつかめるようになっています。

平成29年度に内閣府が行った調査では、特に10代で心肺蘇生の認知度が低いという結果が出ていて、動画は若い世代に関心を持ってもらおうと、人気ダンスボーカルグループ「EXILE」のUSAが監修して作ったということです。

ダンスはインターネットの動画サイトなどで多くのフォロアーを持つ若者たちが踊り、携帯の動画アプリ、TikTokに掲載されています。

プロジェクトメンバーは「ダンスが誰かの命を救うための一歩になってほしい」と話しています。