火祭り「那智の扇祭り」 世界遺産 熊野那智大社

火祭り「那智の扇祭り」 世界遺産 熊野那智大社
k10011993161_201907142055_201907142056.mp4
和歌山県那智勝浦町の世界遺産、熊野那智大社で、大きなたいまつを持った氏子たちが参道を練り歩く「那智の扇祭り」が行われました。
「那智の扇祭り」は熊野那智大社にまつられている神々が、扇がついたみこしに乗って那智の滝に帰るとされる神事で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

祭りでは重さが50キロ以上もあるヒノキでできた大きなたいまつ12本に火がともされると白い煙が立ちこめ、辺りは熱気に包まれました。

そして、高さが6メートルほどもあるみこしが現れると、たいまつを持った氏子たちがみこしを先導して炎で参道を清めながら那智の滝までの石段の道を練り歩きました。

この祭りは地元では「那智の火祭り」という呼び名で広く親しまれていて、集まった人たちは勇壮な祭りの様子をカメラで撮影するなどしていました。

東京から訪れた70歳の男性は「すごく迫力がありました。特に大きなたいまつをたたきつける様子が印象的でした」と話していました。

また、滋賀県の60歳の女性は「ずっと見たいと思っていたのでようやく来られてよかったです。初めての火祭りに感動しました」と話していました。