大谷 連続試合安打8で止まる 大リーグ

大谷 連続試合安打8で止まる 大リーグ
大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手は、13日、マリナーズ戦に3番・指名打者で出場し、3打数ノーヒットで連続試合ヒットが「8」で止まりました。
大谷選手は、先月30日のアスレティックス戦から8試合連続でヒットを打っていて13日、本拠地のアナハイムで行われたマリナーズ戦では3番・指名打者で出場しました。

1回の第1打席と3回の第2打席は、いずれも変化球にタイミングが合わず空振りの三振となり4回の第3打席は、2アウト満塁のチャンスでしたがセンターフライに打ち取られました。

7回の第4打席は、フォアボールで出塁し、二塁へ今シーズン5個目の盗塁を決めましたが、この試合は、3打数ノーヒットで連続試合ヒットが「8」で止まりました。打率も3割を切って2割9分8厘に下がりました。

試合は、エンジェルスが9対2で勝ち2連勝としました。

また、大谷選手は、試合前、シーズン後半戦に入って初めてブルペンに入り、5割程度の力の入れ具合でキャッチャーが立った状態で20球、座った状態で20球を投げてフォームを丁寧に確認していました。

大谷選手は、先月26日に右ひじを手術してから初めてブルペンで投球練習を行い今回が4回目です。