車掌居眠り 乗客乗り降りできず 運転士も気付かず 高崎線

車掌居眠り 乗客乗り降りできず 運転士も気付かず 高崎線
13日夜、JR高崎線の埼玉県深谷市にある駅で停車した電車のドアが開かなかったため乗客が乗り降りできないトラブルが起き、車掌は「居眠りをしていて気付かなかった」と話しているということです。
JR東日本によりますと、13日午後11時半すぎ、JR高崎線の上野発前橋行きの下り快速電車が深谷市の岡部駅に停車した際に、ドアが開かず乗客24人が乗り降りできませんでした。

車掌は「居眠りをしていて気付かなかった」と話しているということで、20代の女性運転士もドアが開かなかったことに気付かずにそのまま発車したということです。

発車後に乗客の指摘を受けて車掌が気付き岡部駅で降りる予定だった23人の乗客は次の本庄駅でJR東日本が手配したタクシーに乗って岡部駅に戻るなどしたということです。

また岡部駅から乗る予定だった乗客1人はおよそ20分後の後続の電車に乗車したということです。

JR東日本高崎支社は「お客さまにご迷惑をおかけし深くおわびします。二度とこのようなことがないよう指導を徹底してまいります」とコメントしています。