大相撲名古屋場所 中日8日目 白鵬は正代と対戦

大相撲名古屋場所 中日8日目 白鵬は正代と対戦
大相撲名古屋場所は中日8日目です。勝ちっ放しの横綱 白鵬は、勝ち越しをかけて平幕の正代と対戦します。
名古屋場所は、休場明けの白鵬と6回目の優勝を目指す鶴竜の両横綱が勝ちっ放しで土俵を締めています。

ここまで安定した相撲の白鵬は、正代との対戦で、過去の対戦成績は白鵬の8勝1敗です。土俵際がしぶとく、逆転の投げもある相手だけに、白鵬としては得意の右四つに組み止め、優位な体勢を作ってじっくり攻めたいところです。正代としては、立ち合いで鋭く踏み込み、もろ差しになることができるかが勝負の鍵になりそうです。

一方、鶴竜は、このところ幕内上位に定着してきた前頭三枚目の大栄翔と対戦します。対戦成績は鶴竜の3戦全勝で、鋭く踏み込んで低い姿勢を保って攻めていけば横綱の優位は動きません。ただ大栄翔としても、立ち合いの当たりや突き押しに力をつけてきていて、横綱を引かせることができれば勝負は分からなくなります。

1敗で追う大関 高安は、関脇 玉鷲との対戦です。対戦成績は12勝12敗と五分で、突き押しの馬力がある相手だけに立ち合いの当たりが勝敗を分けそうです。