プロ野球 オールスター第2戦 セ・リーグが勝利

プロ野球 オールスター第2戦 セ・リーグが勝利
プロ野球オールスターゲームの第2戦が甲子園球場で行われ、オール・セントラルがオール・パシフィックに11対3で勝ちました。この試合で阪神の近本光司選手が、ルーキーとして史上初となるサイクルヒットを達成しました。
試合はオール・セントラルが巨人のエース・菅野智之投手、オール・パシフィックがオリックスの3年目、山岡泰輔投手の先発で始まりました。

オール・セントラルは1回、ルーキーでただ1人選出された阪神・近本選手の先頭打者ホームランなどで2点を先制しました。2回にも、甲子園球場を本拠地とする阪神の選手が躍動し、原口文仁選手が第1戦に続く2打席連続となるホームランを打つと、梅野隆太郎選手もホームランで続くなど、この回、一挙6点を挙げました。
対するオール・パシフィックは3回、オリックスの吉田正尚選手のツーランホームランなどで3点を返しました。

このあと、オール・セントラルが7点リードで迎えた7回、近本選手がこの試合5本目のヒットとなるタイムリースリーベースヒットを打って、ルーキーとして史上初、2人目となるサイクルヒットを達成しました。

試合はオール・セントラルが11対3で勝ち、おととしからの連敗を5で止めました。MVP=最優秀選手には近本選手が選ばれました。

近本「甲子園の歓声が力になった」

新人で史上初となるサイクルヒットと先頭打者ホームランを達成し最優秀選手に選ばれた阪神の近本選手は「初めてのオールスターはめちゃくちゃ楽しかったです。いいところに飛んでくれていい形でスリーベースになってサイクルヒットを達成できました。本拠地・甲子園球場の歓声が力になりました」と笑顔を見せながら話していました。