都市対抗野球が開幕 90回大会の記念の歌も披露

都市対抗野球が開幕 90回大会の記念の歌も披露
社会人野球の都市対抗野球が東京ドームで始まり、開会式では90回の節目の大会を記念して作られた歌が披露されました。
ことしで90回目となる社会人野球の2大大会、都市対抗野球は、全国の予選を勝ち抜くなどした36チームが都市の代表として出場し、トーナメント方式で戦います。

13日は東京ドームで開会式が行われ、選手たちの入場行進に続き、90回の節目の大会を記念して作られた歌「我街の誇り(われらのほこり)」が披露されました。
この歌の作詞は、社会人野球を題材にした小説で直木賞を受賞した伊集院静さんが手がけました。

開会式のあとには1回戦最初の試合が行われ、2年ぶり3回目出場の山形市のきらやか銀行と4年連続の53回目出場の大阪門真市のパナソニックが対戦しました。

試合は、パナソニック先発の榎本亮投手が7回をヒット2本無失点と好投し、1対0で勝ちました。都市対抗野球は今月25日に決勝が行われます。