警察署で保管中の証拠品バイク盗まれる 大阪

警察署で保管中の証拠品バイク盗まれる 大阪
13日朝早く、大阪泉大津市の警察署で窃盗事件の証拠品として保管していたオートバイがなくなっているのが見つかり、警察は窃盗などの疑いで捜査しています。
13日午前6時半ごろ、大阪泉大津市の泉大津警察署の駐車場で、オートバイ1台がなくなっているのを巡回していた警察官が見つけました。

警察署の防犯カメラを調べたところ、午前4時すぎ、裏門の鍵を壊し、オートバイを押して外に出て行く人物の姿が写っていたということです。

オートバイは今月10日に泉大津市内で見つかったもので、別の場所で盗まれたナンバープレートが付けられていて、警察は窃盗事件の証拠品として、タイヤに鍵を付けて保管していたということです。

警察は窃盗などの疑いでオートバイを持ち出した人物の行方を捜査しています。泉大津警察署の芦田和典副署長は「今後、庁舎の管理や証拠品の保管管理を徹底する」とコメントしています。