イージス・アショア ミスを陳謝 配備に理解求める 安倍首相

イージス・アショア ミスを陳謝 配備に理解求める 安倍首相
「イージス・アショア」の配備計画をめぐって、安倍総理大臣は13日、候補地の秋田市で行った街頭演説で、調査データにミスがあった問題を陳謝したうえで「国民の安全と命を守り抜くためにどうしても必要だ」と述べ、配備に理解を求めました。
新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の秋田市への配備計画をめぐっては、調査データにミスがあったほか住民説明会で職員が居眠りをしたことで反発が広がり、岩屋防衛大臣が先月、佐竹知事らに謝罪しました。

安倍総理大臣は13日、秋田市で街頭演説し「緊張感を欠いた不適切な対応があったことは極めて遺憾であり言語道断だ。まず、県民の皆様に心からおわび申し上げたい」と陳謝しました。

そのうえで「私は日本の安全保障政策の責任者だ。国民の安全と命を守り抜いていくためにはイージス・アショアがどうしても必要だ。しかし、国民や地域の皆さんの理解がなければ、安全保障政策は前に進めることはできない。第三者や専門家を入れて、徹底的に調査していくことを約束したい」と述べ、配備に重ねて理解を求めました。